子宮筋腫
子宮筋腫

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は、主に子婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、その発生頻度は30歳以上の女性で20〜30%非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性にあると考えられています。30歳以上の方だけに限らず20代の女性にもみられます。

子宮筋腫の症状

月経の出血量が増えた
 貧血気味になった
 動機や息切れなどがある
 下腹部が張っている感じがする

上記の症状以外にも、違和感や痛みがあれば早めにご来院ください。
子宮筋腫は不妊症や流産、早産の原因になることがあります。

子宮筋腫の診断

内診と超音波検査、MRI検査などにより子宮筋腫の大きさ、位置を調べ診断します。

子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫はすべてを取り除く必要があるわけではなく、症状が強い場合や悪性の場合は手術の対象になります。患者様の年齢や症状の程度、今後の妊娠の希望等、様々な条件を考慮した上で治療方法を決めていきます。

症状が強くお薬の治療で改善がみられない場合などでは手術も可能ですが、本人の希望を優先させて頂きます。
ルナベル
ヤーズ